オンラインカジノは合法なのか?信頼できるオンラインカジノの選び方

オンラインカジノ

一般的にオンラインカジノは違法なのではないか?と考える方が多いのは当然だと思います。

現在日本では、カジノ法案に関する議論も白熱しており、宝くじや競馬、競艇などの国営ギャンブルは合法化されています。

オンラインカジノ自体は合法なのか違法なのか、オンラインカジノで遊ぶことで逮捕される可能性があるのかを知りたい方も多いと思います。

先に結論から言うと、合法ではないが逮捕される可能性はゼロに等しい、というのがオンラインカジノの実情です。

今回は、オンラインカジノは合法か違法かについて、その理由と実際の事例も併せて解説します。

逮捕事例

まずは、過去にオンラインカジノで逮捕者が出た有名な事例について紹介します。

2016年、オンラインカジノに関連した逮捕がたて続きに起こりました。

NetBanQ事件(運営者が逮捕)

2016年2月、以前日本で運営していた「NetBanQ」というサービスの運営者が逮捕されました。

一般的なオンラインカジノは、運営会社が海外にあり、そこからオンラインでサポートや運営を行っています。

NetBanQの問題点は、オンラインカジノの入出金に特化した決済サービスを、日本で運営していた、ということです。

NetBanQ社が提供するサービスは、警察から「日本での賭博を提供していたのと同じ」と判断されましたが、プレイヤーの逮捕はありませんでした

スマートライブカジノ事件(プレイヤーが逮捕されたが不起訴に)

2016年3月、「スマートライブカジノ」というオンラインカジノで遊んでいた日本人が3名逮捕されました。

このカジノはイギリスで運営されていましたが、日本人ディーラーがいて、日本のユーザーに合わせて日本時間の夕方から深夜まで営業していたため、警察から『日本で賭博をしている』と判断されました。

ただし、結果として不起訴となったため、処罰は受けていません。

不起訴とは裁判で有罪、無罪が決まったわけではなく、有罪にするのは難しいと検察が判断し、そもそも裁判が行われなかった、ということです。

この事件以降、オンラインカジノで遊んで逮捕された日本人はおらず、オンラインカジノの利用者はたとえ逮捕されても起訴されたり有罪になったりすることはないので、オンラインカジノは違法ではない、という一般的な認識ができました。

ドリームカジノ事件(運営者が逮捕)

2016年6月、日本でオンラインカジノを運営していた日本人が逮捕されたました。

実際には日本で運営しているのに、海外で運営していると偽っており、運営者が逮捕されました。

オンラインカジノは合法とされている国でライセンスを受け、海外で運営していることが大原則です。

今回もプレイヤーの逮捕や検挙はなく、合法的に海外で運営しているオンラインカジノで遊ぶのは問題ないと言えそうです。

オンラインカジノは違法ではないが合法でもない

では、結局オンラインカジノは合法なのでしょうか違法なのでしょうか。

2021年11月現時点では『違法ではないが合法でもない』と言えるでしょう。

日本では、刑法185条と186条に賭博に関する法律があり、この項目では宝くじや競馬、競艇などの国営ギャンブル以外のお金を賭ける行為の禁止と、お金を賭ける場所の提供の禁止が定められています。

しかし、合法とされている国でライセンスを取得しているカジノの運営自体はもちろん違法ではありませんし、海外のライセンスを取得しているカジノを日本からプレイすることについて法律に記載がなく違法ではないということだけは言えそうです。

現在の日本には、国内から合法のオンラインカジノで遊ぶことを規制する法律はないため違法とは言えないだけで、合法ともいえない状況のようです。

日本国内に店舗を構えているオンラインカジノは明確に違法

日本には「インカジ」と呼ばれる、オンラインカジノ専門のインターネットカフェのようなお店があります。

オンラインカジノ自体は違法ではありませんが、ここで問題なのは、日本にある店舗内でギャンブルをさせていることやお金の換金を行っていることです。

日本国内で店舗を構えていることも問題ですが、お金のやりとりが日本国内で行われていることにも問題があり、違法行為とみなされる可能性が高いです。

納税の義務

宝くじなど一部を除き、年間通じて50万円以上の所得がある場合、納税の義務が発生します。

納税を怠ってしまってもただちに逮捕されることはないかもしれませんが、納税の必要があることは覚えておきましょう。

安心してオンラインカジノで遊ぶにあたって

安心してオンラインカジノで遊ぶにあたって、特に気をつけたいこと、確認しておきたいことをまとめました。

・運営している企業は海外にあるか
・運営企業がライセンスを取得しているか
・サイトのサーバーが海外にあるか
・日本人ディーラーを起用していないか
・オンラインカジノをプレイしていることを公開しない
・オンラインカジノ上で個人を特定できる発言をしない

まとめ

オンラインカジノの存在だけではなく様々な問題がありますが、日本でのオンラインカジノの問題はまだ山積みです。

当サイトで紹介しているような、信頼性の高いライセンスを取得して安全性の高いカジノだけを利用するような慎重な行動が必要です。

世界的に観てもオンラインカジノが合法化される時代の流れがあり、カジノ法案の制定を進めている日本がオンラインカジノを違法とする法律が成立する可能性は低いと考えています。

しかし、カジノが明確に合法化されるまでは日本でのオンラインカジノはグレーゾーンであり、慎重な対応が必要であることを認識することが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました