【ベラジョンカジノ】危険なイカサマオンラインカジノの真実

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは日本で人気のあるオンラインカジノで、知名度が高いためプレイヤー数も多く、勝っている人も多い半面、負けている人も多いです。

ベラジョンカジノの還元率は97%程度です。

つまり、競馬、競艇、パチンコ、スロット、宝くじなど、日本の他のどのギャンブルよりも勝ちやすいということです。

しかし、現実にはどうでしょうか。

イカサマをしているのでは、と思う瞬間もあるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ベラジョンカジノはイカサマをしてるのか、そもそもイカサマができるのか?

ということを紹介します。

イカサマのメリット・デメリット

運営側にとってイカサマすることは、メリットとデメリットのどちらもあります。

ベラジョンカジノがイカサマをするメリット

イカサマで運営側の利益になるように操作して、運営側に有利な結果を表示します。

ベラジョンカジノ側がイカサマをするメリットは、当然カジノ側が儲かることです。

基本的に利用者が負ける確率を上げれば上げるほど、つまり還元率を下げれば下げるほど運営側が儲かるようになります。

ベラジョンカジノがイカサマをするデメリット

しかしデメリットもあります。

なぜなら勝てない人が増えることによってイカサマをしている疑惑が出ると、信頼・信用が落ちてしまいます。

良くも悪くも、SNSなどで良いうわさも悪いうわさもすぐに広まってしまう時代です。

カジノ側はユーザーに遊び続けてもらうことが何より大事ですので、長い目で見れば、イカサマをするメリットはないでしょう。

ベラジョンカジノがイカサマをしていないと考えている理由

このように、ベラジョンカジノにはイカサマをするメリット・イカサマをしないメリットのどちらも持っています。

しかし、当サイトとしてはベラジョンカジノはイカサマをしていないと考えています。

ベラジョンカジノが「違法行為」できない理由として、以下のようなことがあげられます。

・圧倒的なユーザー数の多さ
・世界でも難しい国際ライセンス取得
・RNGというランダム結果を生む出す機能
・eCOGRAからの認定

このような理由から、ベラジョンカジノでは違法行為はあり得ないと考えています。

それぞれの項目について確認していきましょう。

ユーザー数の多さ

ベラジョンカジノのようにオンラインカジノの評判や口コミが良いと、利用者が増えていきます。

ベラジョンカジノのユーザー数は現在、全世界で約160万人程度と発表されています。

日本人プレイヤーの数も多く、増え続けている理由はオンラインカジノの評価の高さにあります。

繊細で慎重な人種である日本人は、少しの不安要素や微妙な違和感に敏感であり、そんな私たち日本人の信頼を得ているのは素晴らしいことで、利用者数が多いのも納得です。

マルタ共和国のライセンスを取得

オンラインカジノを運営するには必ず政府からの許可が必要です。

実際のライセンスはこちらで確認できます↓

※ライセンス参照先URL:https://www.authorisation.mga.org.mt/verification.aspx?lang=EN&company=c0e82570-bf83-4ecc-bda3-89ecb92d5b0e&details=1(外部サイト)

メールアドレスを見ても、他の情報を確認しても、間違いなくベラジョンカジノはマルタ共和国のライセンスを取得しています。

許可がないオンラインカジノが非常に危険なのは言うまでもありませんが、実は国によって審査基準が違い、審査の厳しい政府もあれば審査のゆるい国もあります。

マン島・ジブラルタル・キュラソーなどが審査の厳しい国ですが、マルタ共和国はそれらと比べても特に厳しいことで有名です。

また、ベラジョンカジノはデンマーク政府、イギリス政府の審査も受けてライセンスも取得しているため、ベラジョンカジノがイカサマをすることはとても難しいことがわかります。

また一度でも検査に引っかかってしまうとライセンスが剥奪されてしまうので、ライセンスを所持しているオンラインカジノはイカサマをしているとは考えにくいです。

RNGの使用

次にベラジョンカジノはRNG(RandomNumberGenerator)を使用しています。

このRNGとは日本語で「乱数発生装置」のことで、規則性のない適当な数字をランダムに選んでくれます。

この乱数によって、常に出目や当たりが変わっています。

つまり、カジノ側もイカサマをしようと思ってもできないのが現実ということです。

RNGはカジノを運営する側にも、カジノを利用するプレイヤー側にも有用で欠かすことのできないものとも言えます。

eCOGRAからの認定

eCOGRAとは、オンラインカジノのソフトウェアやその機関を審査するイギリスの第三者機関です。

eCOGRAはオンラインカジノ業界でとても有名で、eCOGRAから認定を受けているオンラインカジノサイトは信頼性がとても高いといえます。

eCOGRAの審査内容は上記のRNGの公平性や安定性、還元率やユーザーの個人情報の取り扱い、入出金のセキュリティー面、サポート体制の充実度など、細かい部分まで厳しい審査をおこなっています。

ベラジョンカジノの違法行為を確認する方法は簡単!

ベラジョンカジノがイカサマをしているかどうかを見極める方法は無料で遊ぶことです。

ベラジョンカジノのイカサマがどうしても気になるというのならば、まずは無料のカジノゲームをプレイしてみてはいかがでしょうか。

このサイトから会員登録すると、全員に3,000円分プレゼントしています。

多くの種類のゲームがあるベラジョンカジノですので暇つぶしにもなりますし、勝てるゲームが実際に見つかるかもしれません。

ギャンブルには違法行為があると思う人は一定数存在する

ベラジョンカジノだけではありませんが、カジノを含めたパチンコや競馬などのギャンブルには違法行為があると思う人はいるものです。

ベラジョンカジノをはじめとしてすべてのカジノや競輪、競馬もギャンブルで、当然勝つ人もいれば負ける人もいます。

ベラジョンなどのカジノは還元率が97%位と言われていますが、それはあくまでトータルして戻ってくるだけで、誰かが儲けて誰かが損をしているというわけです。

そこで損をした人はイカサマがあるのではないか、と思いたくなるわけです。

ベラジョンカジノは、無料ゲームをたくさん用意していることでも有名ですので、こちらをプレイしているうちにあなたの考えも変わるかもしれません。

もちろんベラジョンカジノは、オンラインカジノです。スロットやパチンコと同じで当たることもあれば、外すこともあります。

ベラジョンカジノなど、有名で大手のオンラインカジノについては、実際問題としてインチキできるような環境ではなく、違法行為は不可能に近いと考えられます。

つまりベラジョンカジノは、イカサマしようと思ってもできないということです。

それでもベラジョンカジノはイカサマしてるだろと思いたくなるときがあるかもしれません。

オンラインカジノは学習・経験・練習の反復がとても大切です。

だからこそ、自分の力を過信せずに自分のプレイを冷静に振り返り、常に成長し続けることが勝ちにつながりますし、楽しさも大きくなります。

まとめ

オンラインカジノはイカサマをしているかもしれないから怖いと思っている人は、ぜひ安心してプレイできるベラジョンカジノで、無料のカジノゲームを試してみて判断してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました